バスルームプチリフォーム実践編

ユニットバスをDIY!自分で浴室をプチリフォーム!実践編

ユニットバスをDIY!自分で浴室をプチリフォーム

 

中古マンションを購入し、少ない予算でリフォームをおこない住み始めた我が家。

 

ほぼフルリフォームでしたので、どこもピッカピッカでした。ヾ(^▽^)ノ

 

そんな我が家も今年で16年。

 

エアコンや給湯器が壊れたり、洗面所のシャワー付き水栓が変な所から水が噴き出てきたり、台所の電気がつかなくなったりetc・・・

 

だんだんいろんなところに不具合が発生・・・(???)・゜・。

 

こんどは浴室のシャワー付き水栓の蛇口のパイプが劣化して根元からポロリ。

 

翌日近くのホームセンターで蛇口のパイプを購入して取り付けました。

 

その3日後、修理した水栓の不具合か?温かいお湯が出ないように。

 

台所や洗面所ではお湯が出るので給湯器の不具合では無いようです。

 

修理に出そうか色々考え、ネットで調べてみると・・・

 

10年以上使っている浴室水栓ではサーモスタットの不具合でお湯が出なくなる故障が多く発生していました。

 

なんだか寿命みたいですね。(v_v`)

 

修理しても直らないかもしれないので交換をすることに。

 

水道の元栓を止めれば自分でも交換できるようなので、しっかり確認をして商品探しへ。

 

これが、我が家の『浴室のプチリフォームのはじまり』です。

【 浴室水栓の交換 】

 

浴室シャワー水栓 TOTO エアインシャワー

 

ジャーン到着しました。

 

楽天市場で購入した「TOTO 浴室シャワー水栓 GGシリーズ エアインシャワー」です。

 

本当はシャワーヘッドもシルバーのメッキタイプが良かったのですが・・・

 

使ってみると「エアインシャワー」とても良いんです。

 

節水タイプでありながら水圧が強く心地よい浴びごこちがあじわえます。

 

後で気が付いたのですが、水栓パイプの長さには4タイプあります。

 

7p、17p、22p、30p(TMGG40SE 70mmTMGG40E 170oTMGG40LE 220oTMGG40LLE 300o

 

一番安く売っていた170oの「TMGG40E」を購入しました。

 

これが失敗。うちの狭いユニットバスにはチョット長過ぎ。

 

使い勝手が悪く後から水栓パイプを短い物に交換しました。

 

水栓パイプ75o水栓パイプ75o-2

 

【 交換方法 】

 

水道の元栓を閉める
1、水道の元栓を閉める。

 

元栓を閉めた後、交換する水栓の蛇口をひねり水を出し切って、止水を確認する。

 

 

注意:作業中は、水が使えません。(トイレ等)

 

 

浴室水洗の取外し
2、浴室水洗の取外し

 

モンキーレンチ等の工具を使い取り外します。



 

浴室水洗の取り付け
3、浴室水洗の取り付け

 

ゴムパッキンを新しいものに変え、管の接合部分のねじ山に止水テープを軽くひっぱりながら4~5巻きほど巻きつけます。

 

その後、モンキーレンチ等で取り付けます。

 

【 浴室フロントパネルの採寸 】

 

浴室フロントパネルの取り外し

 

浴室水洗を取り外した状態でおこないます。

 

フロントパネルのゴムパッキンを取り外します。

 

パネルはビス止めされています。

 

鏡が付いたパネルは重たいので、浴室の床に傷が付かないようバスマットなどで養生します。

 

その後、ビスを取り外し浴室灯のコードに気を付けてパネルを取り外します。

 

取外しは注意して2人で行いましょう。

 

浴室灯の配線を確認

 

フロントパネルを取り外し、寸法を測ります。

 

重要:浴室灯の設置穴、水洗の設置穴

 

フロントパネルには、浴室灯&水栓部分がつながっていました。

 

懐中電灯等の明かりを用意して、浴室部分のブレーカーを下げます。

 

浴室灯配線の取り外し

 

浴室灯裏側の配線取外し穴にマイナスドライバー等を差し、配線を取り外します。

 

フロントパネルから取り外したら、再度浴室灯に配線をつなぎます。

 

その後、ブレーカーを上げてください。

 

※ 本体の取り外しは販売店、工事店に!

 

本体の取り外しには資格が必要です。

 

これで前面フロントパネルは完全に本体から外れました。

 



新しいフロントパネルの作製(上部)

 

【 浴室フロントパネルの作製 】

 

新しいフロントパネルを作るのに、既存のパネルの枠を使うと今まで通りゴムパッキンが使えそうなのでフロントパネルから枠の部分を取り外し利用しました。

 

塩ビ板やベニヤ板を少し厚めの4oの物を使用した為、交換前より少し厚みが出てしまいました。

 

新しいフロントパネルの作製(上部・配線部分)

 

厚みが出たため段差が出来てちょっとゴムパッキンがスッキリ入らなくなってしまいました。

 

既存の金属の枠を使ったのでしっかりした物が出来ましたが、手間も随分かかりました。

 

通常設置したら頻繁に取付、取外しをする場所では無いので既存の枠を取外し利用する必要もないのかもしれません。

 

土台になるパネルの板は、上部をベニヤ板、下部を塩ビ板の2分割にしました。

 

新しいフロントパネルの作製(下部)

 

塩ビ板は高価な為、全面に使わず水に濡れやすい部分のみ使用しました。

 

浴室水栓の少し上に棚を設置する辺りから下を塩ビ板、上をベニヤ板。

 

2分割にすることで、補修等がおこないやすくしました。

 

塩ビ板のカット

 

ベニヤ板や塩ビ板等・・購入時にカットしてもらうことをお勧めします。

 

4oほどのベニヤ板なら割と簡単にノコギリでカット出来ますが、塩ビ板のカットは結構大変です。

 

また、塩ビ板に水栓取付部分の2つの穴を開けるのは道具が無いと難しいでしょう。

 

木工ホールソー

 

どうやって穴をあけるかネットで探して見ると・・・

 

なんと100円ショップダイソーで扱っているとのこと。

 

チョット大き目のダイソーを探して。

 

ありました。「木工ホールソー」

 

ドリルに差し込み、直径29oの穴が開けられます。

 

塩ビ板の穴あけ・接着

 

木工用の。「木工ホールソー」ですが、4o程度の塩ビ板には簡単にきれいに穴があけられました。

 

ベニヤ板や塩ビ板には防かび、防菌タイプのカッティンシートを張りますが、一応ベニヤ板等の木部にはペンキを塗っておきます。

 

また、ベニヤ板の穴をあけた部分にはシリコンシーラントで補強しておくと安心です。

 

接着剤を使用する際は、クランプなどで圧着することにより、より強度が増します。



土台作りで誤って違う場所に穴をあけてしまい、パテで修復したり色々ありましたが、どうにか土台は出来ました。

 

出来上がった土台(ベニヤ板&塩ビ板)にカッティンシートを張ります。

 

浴室用シートは、ダイノックシートなど色々なメーカーから販売されています。

 

私が購入したのは『 パロア カッティング用シート 石目調 』 

 

@320円(10p)幅1220o

 

シートを張るコツ

 

1、シートは巻いて納品されるので、平らに広げて伸ばしておく。

 

2、上下左右2~3pほど余分にカットする。

 

3、凸凹なところは、パテなどで平らにしておく。

 

4、急がずにゆっくりとスキージーを使って空気が入らないように貼り付けます。

 

5、ボードに穴を開けた部分はシートを張った後、中心部分から放射線状にカットして裏側に巻き込みます。

 

6、シートの端っこ部分は、スキージーを使って裏側に巻き込みます。
上手に巻き込めない場合、接着等でしっかり定着させましょう。

 

 

これで裏方作業は終了し、後は楽しい作業のはじまりです。

 

新しい浴室フロントパネル 製作中!

 

カッティングシートを張り終わったパネルに、浴室灯、浴室鏡、シャワーフック、化粧棚を付ける場所をホワイトボードマーカーなどで印を付けます。

 

ベニヤ板や塩ビ板だけでは強度が足りないので、印を付けたビスなどを取り付ける個所の裏側を板などで補強しましょう。

 

浴室灯 TOSHIBA IB-3835

浴室灯は、配線を通す穴を考慮し取り付けます。

 

浴室灯 TOSHIBA IB-3835 を取り付けました。(ちょっと大き目)

 

とても軽く華やかな浴室灯です。

 

安さにビックリ!≫≫≫画像をクリック!

 

浴室灯 TOSHIBA IB-3835

 

シャワーフック


私が購入した水洗シャワーには、シルバーのシャワーフックが付いていなかったのでアマゾンや楽天市場などで探してみると・・・ヤフオク!で安価に出品されている方を見つけました。

 

ヤフオク!は業者さんも出品されているので、新品で安価な物が見つかります。

 

【 浴室ガラスの取り付け 】

 

浴室鏡用スポンジ両面テープ

 

1、カッティングシートを張り終わったパネルに浴室鏡用の金具を取り付けます。

 

2、パネルまたは鏡に「両面スポンジテープ」を貼り付けます。

 

3、セキスイボンド鏡用 #75?Mを併用すると安心です。

 

4、パネルと鏡の間に水が入らないようシリコンシーラントで補強します。

 

鏡の側面&パネルをマスキングテープで保護します。

 

その後、シリコンシーラントを接合部分に施します。

 

指やへらで平ら に伸ばして、乾く前にマスキングテープを剥がします。

 

【 附属品の取付 】

 

附属品の取付

 

前面パネルを取り外した状態で、化粧棚などどこまでパネルの裏側を補強できるか確認しましょう。

 

今回取り付けたコナー化粧棚などは、パネルの厚みが薄いため補強が必要です。

 

出来ればビスの取り付け部分には裏側から木材などで補強しましょう。

 

出来ない部分には、石膏ボード用モノマックスが便利です。

 

モノマックス:下穴を開け、木ネジごとアンカーを押し込みます。
羽根が壁の向こうで引っかかったらネジを外し、フックなどをネジ止めします。木ネジの長さを変えれば、1つのサイズで様々な壁厚に使えます。

 

リラインス コーナー型 化粧棚 R2106

 

※ 化粧棚やカウンター等設置する場合は、裏側の補強が重要です。

 

リラインス ル・ペイン化粧棚 R1188-600

 

どうにか新しい前面パネルが完成しました。

 

浴室灯の配線に注意して、新しい浴室灯に接続します。

 

パネルをはめ込み、ビスでしっかり固定します。

 

ジャーン!出来ました。完成です!!ヽ(*´з`*)ノ

 

前面パネルを交換すると浴室がとても華やかに変わりました。

 

プチリフォームで浴室がピッカピッカ!

 

参考:前面パネルの制作には少し時間がかかりますので、工事をはじめる前に採寸をおこない、プランを練っておくことが大切です。

 

また、浴室灯、浴室鏡、浴室カウンター、化粧棚などは工事着工前に調達をして置くとスムーズに作業がはこびます。

 

【 風呂フタの交換 】

 

当たり前のように使ってた風呂フタ、これが溝が多くて掃除が大変。

 

放っておくと大変!すぐに汚れがたまるんです。

 

最近は、スッキリまとまり、省スペースにたためるタイプで溝の少ない風呂フタが出てるんですね。

 

私は東プレの「ラクネス フロフタ 」を購入しました。

 

■ 交換前
交換前風呂フタ

 

■ 交換後
ラクネス フロフタ

 

古い風呂フタを新調し、より一層浴室の輝きが増しました。

 

 



浴室シャワー編へ

費用詳細編へ